Albóndigas en salsa de almendras/肉団子のアーモンドソース

絶妙なアーモンドの香りがお肉とマッチ

アーモンドを煎り、粉にして、サフラン、パプリカ、ニンニクで作る汁ソースに、肉団子を入れ煮込みます。お肉をソースに絡めながら口に入れると、アーモンドの味がお肉と実にマッチして、そのうえ、ほんのりサフランの香りが広がります。

料理を作った人:佐々晶子/Akiko Sassa
観光ガイド
日本での実現可能度:★★★★☆(簡単ですが、少し手間がかかります)

材料(4人分)
肉団子用の材料

肉団子用の材料

アーモンドソース用の材料

アーモンドソース用の材料

サフラン

サフラン

A. ひき肉(合挽き) ……………………………………………… 400g
A. 卵 ……………………………………………………………… 1個
A. 食パン ………………………………………………………… 2枚
A. 牛乳 …………………………………………………………… 50cc
A. パセリ ………………………………………………………… 1枝
A. ニンニク ……………………………………………………… 2カケ
A. 黒コショウ …………………………………………………… 少々
A- 塩 ……………………………………………………………… 少々

B. 固形肉スープの素(150ccの湯で溶く) …………………  1個
B. 白ワイン ……………………………………………………… 150cc
B. 玉ねぎ ………………………………………………………… 1個
B. ニンニク ……………………………………………………… 2カケ
B. オリーブオイル ……………………………………………… 大さじ3
B. パプリカ ……………………………………………………… 大さじ1
B. サフラン ……………………………………………………… 10本
B.トマトピューレー …………………………………………… 100cc
B. ローリエ ……………………………………………………… 1枚
B. 塩 ……………………………………………………………… 少々
memo
●上記の素材名は、A.が肉団子用、B.がアーモンドソース用です。
●サフランは日本では高級品と聞きます。スペインはサフランの生産高世界一なので、どこのスーパーでも調味料コーナーに置いてあり、0.4g入りで、日本円にして200円ぐらいで買えます。
●生アーモンドは、スーパーで、お菓子作りコーナーに置いてありました。100g入りで150円ほどです。

 作り方(調理時間:45分)

【肉団子】
1. パンの耳を取り、牛乳に浸しておく。
2. ニンニクとパセリ、玉ねぎはみじん切りにする。ニンニクの半分と玉ねぎはソース用に置いておく。パセリは飾り用に少し残しておく。
3. ひき肉に2を入れ、よく混ぜ、続いて1を入れよく混ぜる。塩、コショウをし、よく混ぜる。
4. 3に卵を入れ、よく混ぜたら、団子を作る。
5. 4をオリーブオイルで、こんがり色になるまで揚げる。

【アーモンドソース】
6. 生アーモンドをフライパンで、油を入れずにうっすら色がつくまで乾煎りする。
7. 6をフードプレッサーかすり鉢で粉にする。
8. 5で使った油を大匙3ほど鍋に入れる。
9. 残しておいた、みじん切りのニンニクと玉ねぎを焼く。ニンニクが焦げないように注意
10. 塩、パプリカ、サフランを入れ、よく混ぜる。
11. 白ワインを入れ、中火で15分煮る。
12. 粉にしたアーモンドとトマトピューレー、150ccのお湯で溶いた肉スープを入れ、10分ほど煮る。
13. ハンディーフードプレッサーでスープを滑らかにする。
14. 肉団子とローリエを入れ、中火で10分煮る。
15. 皿に盛り、パセリを散らしてできあがり。

作り方のコツ

●肉団子を揚げ、肉の味がしみ出した油でソースを作るので、油が汚れないように、肉団子には小麦粉をつけません。
●ニンニクを炒める時には、焦げないように気をつけましょう。焦げると苦くなります。
●パプリカを入れると、材料が焦げやすくなりますので注意。
●パセリのみじん切りは、最後の飾り用として、少しだけ残しておきましょう。

このお料理にまつわるエピソード

30年以上も前に、アンダルシアのセビリアで下宿していたその家庭には、お腹が大きく張り出したおじちゃんと、負けじとお腹の大きく貼り出したおばちゃん、そして、16歳から25歳くらいまでの大きな息子が3人いました。食べる量たるや大変なものです。また、それぞれに食べる時間がまちまちで、年がら年中誰かが食べている状態なのです。おばちゃんは、いちいちまともに作っていられません、というわけで、作り置きしておく豆料理や、塩をぱっぱと振って焼く肉ぐらいが毎度の食事でした。ただ、ちょっと大事なお客さんが来るとなると、このアーモンドソースの肉団子を作っていたのです。乾煎りするときのアーモンドのにおいがたまらなく、台所に行き作り方を教わりました。教わったけれども、少々手間がかかるもので、その後に一度作っただけです。思い出し、思い出し作ってみましたが、結構間違えてしまいました。それでもできあがりの味は、おばちゃんのとほぼ一緒でしたよ。

佐々晶子
30年間スペインのマドリッド暮らしで、観光ガイドをしています。ガイドブックには載っていない、パック旅行では行かない、私も知りたい、そんないいこと、いい所を皆さんにご紹介。