Sopa de Ajo/ニンニクスープ

落とし卵は、外の白身だけが固まっている状態がいいですね。卵をスプーンで潰して、スープと一緒に口に入れると、アチアチが少し和らぎます。
落とし卵は、外の白身だけが固まっている状態がいいですね。卵をスプーンで潰して、スープと一緒に口に入れると、アチアチが少し和らぎます。

身体がポカポカ、力はモリモリ!

身体によいオリーブオイルに、たっぷりのニンニクと生ハム、そして固くなってしまったパンを入れて作るスープです。

料理を作った人:佐々晶子/AKIKO SASSA
ライター本人、観光ガイド
日本での実現可能度:★★★★★(超簡単)

材料(4人分
なにも珍しい材料はありませんね。オリーブオイルは、フルーティな味が楽しめるように、少しだけいいのを使いましょう。

なにも珍しい材料はありませんね。オリーブオイルは、フルーティな味が楽しめるように、少しだけいいのを使いましょう。

固くなったフランスパン ………………… 3分の1
オリーブオイル ……………………………… 2分の1カップ
ニンニク ………………………………………… 4カケ
生ハム …………………………………………… 100g
パプリカ ………………………………………… 大さじ1
ローリエ ………………………………………… 1枚
卵 ………………………………………………… 4個
塩 ………………………………………………… 好みで
memo 1
日本でも生ハムがだいぶ安く買えるようになったと聞いています。こちらでは、どこのスーパーでも陳列棚に5ミリ角ぐらいにカットされたり、こま切りにされたのが並んでいます。100gで100円しませんよ。
memo 2
卵はお好みで。生卵や半熟卵が嫌いな人は、溶き玉を流し込んだらいいですね。家族でそれぞれ好みが違うような時は、小鍋に移して作ればいいでしょう。

作り方(調理時間:30分)

1. ニンニクは薄切り。パンも5mmほどの薄切り。生ハムはこま切りにします。※今回は、こま切りにされたのを買ってきました。
2.鍋にオリーブオイルを熱し、飾り用の4切れのフランスパンを揚げ、別にしておく。
3.ニンニクを入れ、続いて生ハムを入れます。
4.パンを全部入れ、よく油を回し、パプリカを入れたら、手早く混ぜる。
5.4カップほどの水を入れ、ローリエを入れて蓋をし、15分ほど煮込む。
6.卵を鍋の4か所に落とし、再び蓋をして2分煮る。
7.器にそそいで、最初に揚げたパンを1切れ飾り、完成。※そそぐ時に卵が壊れないように注意。

作り方のコツ

コツなど必要ないほど簡単です。苦くならないために、ニンニクを焦がさないこと。パンが鍋に焦げ付かないために、パプリカは手早く混ぜること。オリーブオイルは、焼き物や揚げ物に使用したものは使わないこと。だけです。

このお料理にまつわるエピソード

アンダルシアのセビリアの下宿先のおばちゃんは、前日のパンが1本ぐらい残ると、いつもこのニンニクスープを作っていました。おばちゃんは、スープの上に飾り用の揚げパンなどは乗せません。その代わりに、その日のパンをテーブルに置きます。おじちゃんと息子たちは、おいしいスープにパンを浸して食べますね。スープの中に入っている半分溶けたパンも平らげますね。これで相当満腹になるわけで、メインの料理は小さな肉を焼くぐらいですんでしまうわけです。そういえば、卵はいつも溶き玉を流し込んでいたし、スープの中に、なくてはならない生ハムが見つからないことがよくありました。

佐々晶子
30年間スペインのマドリッド暮らしで、観光ガイドをしています。ガイドブックには載っていない、パック旅行では行かない、私も知りたい、そんないいこと、いい所を皆さんにご紹介。