Whitebait/ホワイトベート

ニュージーランドの「川で獲れる宝石」と言われるほどの食べ物とは?

川から獲れたてのホワイトベートは新鮮で、余計な味付けはいらないほど。泡立てた卵に、少しの牛乳と塩で味付けされたシンプルなオムレツは、ホワイトベートを一番おいしく頂ける料理方法です。他の家庭やレストランではサンドイッチにしたり、ハンバーガーにしたりしています。

料理を作った人:ジュディ/Judy
生まれも育ちもニュージーランドの義理母
日本での実現可能度:★★★★☆

材料(6人分)
ホワイトベートの味が引き立つよう、シンプルな食材です。

ホワイトベートの味が引き立つよう、シンプルな食材です。

獲れたてで、まだ動いているホワイトベートを使います。大きさは一匹4センチほど。

獲れたてで、まだ動いているホワイトベートを使います。大きさは一匹4センチほど。

卵白を泡立てる泡だて器は定番の電動式の物とニュージーランドで昔から使われている、手動式の物があります。

卵白を泡立てる泡だて器は定番の電動式の物とニュージーランドで昔から使われている、手動式の物があります。

ホワイトベート ……………………………… 約500g
卵 ……………………………………………… 卵白2個、卵黄1個
牛乳 …………………………………………… 大さじ3
小麦粉 ………………………………………… 大さじ2
ベーキングパウダー ………………………… 小さじ1
塩 ……………………………………………… 小さじ1/2
油 ……………………………………………… 大さじ2
memo
・油はブラウンライスオイルを使いますが、ベジタブルオイルでもOK
・日本ではニュージーランドのホワイトベートの代わりに、大きさは違いますが、同じ仲間の「シラス」を使うと似た感じのオムレツができます。

 作り方

1.卵を卵白、卵黄と分ける。
2.卵白のみを泡だて器で硬すぎない程度まで泡立てる。
3.泡立てた卵白に、さっとといた卵黄を流し入れ、卵白にからめる。
4.牛乳、塩、小麦粉、ベーキングパウダーも入れ、優しくからめる。
5.大きめのスプーンで、7から10センチほどの大きさで焼く。(両面がきつね色になるぐらい)
6.油を切り、お皿に並べて完成です。

サラダや温野菜を添えて。お好みでレモンをかけるとさらにおいしい。

サラダや温野菜を添えて。お好みでレモンをかけるとさらにおいしい。

完成

完成

作り方のコツ

川から獲ってきたホワイトベートをなるべく早くいただくのがおすすめです。まだ動いているホワイトベートを泡立てた卵に混ぜ、調理します。
ふわっとした食感にするため、泡だて器で、泡が立つ手前まで卵白を泡立てます。卵黄、塩、小麦粉、ベーキングパウダー、そしてホワイトベートを泡立てた卵白に混ぜ入れる際はなるべく、ふんわり優しく混ぜ合わせます。
油を多めに使うことで、中はふわっと外はかりっとするのもポイントです。

 作り方の動画

フライパンの他に、ホットプレートを使ったりしますが、しっかりと油をひき、からっとなるように焼きます。家庭によってラード油を使ったり、他の種類の油を使ったりとそれぞれです。毎年この時期しか食べられないホワイトベートを作りながら、ジュディは「貴重だわ」とつぶやきながら焼いています。

このお料理にまつわるエピソード

8月から10月にかけて、ニュージーランドでは冬の終わりから春になるころ、「ホワイトベート」の季節がやって来ます。
ホワイトベートとはシラスの仲間で、この時期に子供のホワイトベートたちは海から川へグループを作って上がってきます。地元の川では多くの人たちがネットを張ったり、大きな網ですくい上げようと待ち構える光景を見かけます。スーパーマーケットでは輸入品のみが売られているため、新鮮で地元のホワイトベートを食べるためには、ゆずってもらうか自分で獲るしかありません。そして、毎年、多少変化はありますが、1キロで120ドル(約1万円)となる高級食材ため、ニュージーランドではホワイトベートは「川で獲れる宝石」と呼ばれます。

MIKKI
ニュージーランド在住。子育てや教育に奮闘しながら、家族と共に菜食中心の食生活、エコ生活にも挑戦中。ファッションデザイナーとしても活動中。
HP:https://mikkiplanners.wixsite.com/website
ブログ:http://nwninjya.blog135.fc2.com/
Twitter:https://twitter.com/MikkiPlanners
Facebook:https://www.facebook.com/Mikki-Planners-655672331141340/
Instagram:https://www.instagram.com/mikkimaman/?hl=en

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です