Sugo Umbro/ウンブリア州トマトパスタソース

プリモピアット パスタの完成品
プリモピアット パスタの完成品

じっくり煮込んで手間要らず!
一石二鳥、本場イタリアントマトソース!

イタリアを代表するパスタソ-スといえば、ス-ゴ(トマトパスタソ-ス)です。このス-ゴは各地域でさまざまな作り方があり、代表的なお袋の味。
その中でもウンブリア州のス-ゴは非常に簡単で、美味しく作ることができます。
日本のパスタソ-スと違い、素材それぞれのこく味が出て、やみつきになる本場イタリアンパスタです。
また一度に1つのお鍋で2つの料理ができるので、手間がかからず、忙しいお母さんには嬉しい料理のひとつです。

料理を作った人:ティナ ベッルッチ/Tina Bellucci
ウンブリア州生まれ。料理、お裁縫が得意な優しいイタリアンマンマ(お母さん)
日本での実現可能度:★★★☆☆

材料(6人分)
タリアテッレパスタ

タリアテッレパスタ

オリーブオイル ………………………………… 1カップ
牛肉ブロック …………………………………… 300g
イタリアンソーセージ ………………………… 4本
骨付き豚肉 ……………………………………… 300g
セロリ …………………………………………… 1本
人参 ……………………………………………… 1本
玉葱 ……………………………………………… 1/2
ホールトマト缶 ………………………………… 1kg
白ワイン ………………………………………… 1/2カップ
塩 ………………………………………………… 大さじ1
コショウ  ………………………………………… 少々
パスタ(タリアテッレあるいはペンネ) ………… 600g
パルミジャーノチーズ ………………………… お好みで
memo
サルシッチャ(イタリアンソーセージ)はイタリアのどのスーパーでも簡単に購入可能。日本のスーパーで売られていない場合は生ソーセージでも代用可能。
パスタはスパゲッティよりも、ペンネやタリアテッレ(きしめんのようなパスタ)を使った方が美味しく仕上がります。

作り方(調理時間:90分)

1.玉葱を1/4カットし、セロリは鍋に入りきる位の大きさにカットする。
2.深い鍋に素材1~7(オリーブオイル、牛肉ブロック、イタリアンソーセージ、骨付き豚肉、セロリ、皮のついたままの人参、玉葱)を入れ、中火にかける。
3.15分ほど中火にかけ、焦げないように木べらで時々ぐるぐる混ぜる。
4.15分後、きちんとお肉に焼き色がついたら、白ワインを鍋に入れ、10分間ほどアルコールが飛ぶまで煮込む。
5.ホールトマトを2の素材の入っている鍋に入れ、塩、コショウで味をととのえる。
6.蓋を閉じて、弱火で60分ほど煮込み、そのときどき木べらでぐるぐる混ぜる。
7.60分後、グツグツとトマトの赤みを帯び、とろっとしたオリーブオイルになればパスタソースの完成。
8.パスタソースの中に入っている、肉と野菜を全て取り出し、他のお皿に盛る。
9.パスタをゆでる深い鍋をもう一つ用意して、沸騰させる。
10.お湯が沸騰したら、お好みのパスタを入れ、パッケージに記載されている時間ゆでる。
11.パスタがゆで終わったら、7のパスタソースを上にかけて、パスタとソースを絡める。
12.お好みでパスタの上にパルミジャーノチーズをのせたら、完成。

作り方のコツ

3種類のお肉が用意できない場合、イタリアンソ-セ-ジだけでも美味しくできます。
人参は皮がついたまま煮込んみ、オリ-ブオイルは惜しまず、たっぷりと入れることが美味しくできるコツです。

このお料理にまつわるエピソード

3種類のお肉が用意できない場合、イタリアンソ-セ-ジだけでも美味しくできます。
人参は皮がついたまま煮込んみ、オリ-ブオイルは惜しまず、たっぷりと入れることが美味しくできるコツです。

Chizu
2013年よりイタリア在住。イタリアファッションオンライン会社に勤務する一方で、趣味として週末にイタリアのトスカ-ナ各地の小さな街を歩き、美味しい料理やア-トを散策中。