Taquitos Dorados/タキートス・ドラドス

完成品。上にトマトのスライスなどで飾ると色どりがよくなります。
完成品。上にトマトのスライスなどで飾ると色どりがよくなります。

まるで巻きずしみたい?!
くるくるまいて作れるタコスがかなりメキシカンでおいしい!

タキートス・ドラドスは「揚げたタコス」の意味です。スナックのような感覚で簡単に食べれられる料理、またパーティーやピクニックの時に便利な料理でもあります。メキシコ料理にはかかせないトルティーヤ、サワークリーム、トマトソースを使った料理なので、冷蔵庫にいつもある材料で簡単にできてしまうのも魅力です。

料理を作った人:Yu Kumagawa Larrazabal
メキシコ在住8年。主婦・ライター
日本での実現可能度:★★★★☆

材料(4人分)
必要になる全ての材料です。

必要になる全ての材料です。

 

緑のトマトです 。

緑のトマトです 。

フレッシュチーズです。かなり塩気が少ないです。

フレッシュチーズです。かなり塩気が少ないです。

コーントルティーヤ です 。

コーントルティーヤ です 。

じゃがいも ………………………………………………… 3つ
コーントルティーヤ ……………………………………… 500g
緑のトマト(赤いトマトでも大丈夫です)…… 5つ
玉ねぎ ……………………………………………………… 少々
ニンニク …………………………………………………… 1かけ
サワークリーム …………………………………………… 250g
レタス ……………………………………………………… 4分の1
チーズ(塩気の少ないチーズなら大丈夫です) 200g
塩と胡椒 …………………………………………………… 適量
memo
●チーズは日本では塩気の薄いフレッシュチーズならどれでも代用できます。
●緑のトマトが手に入らなければ、赤トマトでもソースは作れます。緑のトマトと同様に一度ローストすると、風味がでます。
●コーントルティーヤが手に入らなければ、餃子の皮で代用してもおいしいかもしれません。
●ジャガイモの代わりにひき肉や鶏肉を同じ様にまいて食べることもできます

 作り方(調理時間:約30~40分)

1.ジャガイモをゆでる
2.ゆであがったジャガイモをつぶす
3.ソースをつくるので、ソースに必要なトマト、玉ねぎ、にんにくをブレンダ―にかける
4.ソースを5分ほど煮る
5.大スプーン1くらい量のつぶしたジャガイモをコーントルティーヤの端に線上にのせる
6.コーントルティーヤをくるくるとまく
7.1人6本食べるとして、4人分なので24本まとめて作る
8.タキ―トスをややきつね色になるまで揚げる
9.揚げたタキ―トスをお皿にのせ、その上からサワークリームをたっぷりめにかける
10.レタスを細かく千切りにしてその上からのせる
11.トマトソースをその上からかける
12.チーズをその上からかけてできあがり

作り方のコツ

●フラワートルティーヤではなくコーントルティーヤを使う。
●ジャガイモをトルティーヤにのせてまく時はなるべくきつくまく。
●ジャガイモをつぶす時は甘くなってしまうのでバターは入れずに、塩と胡椒で味を調える。
●まるめたタコスを油で揚げる時は、はがれないようにまず端の部分を揚げること。
●タキ―トスは日本でてんぷらを揚げるような揚げ方ではなく、丸めたタコスが半分浸るくらいの量の油で揚げるのがコツ。
●難しいのが、揚げ加減。あまりきつね色になりすぎるとタコスがバリバリに硬くなってしまうので、うっすらと茶色かかってきたらすぐにとりあげるのが大切。
●時間がたつと、レタスやソースでタキ―トもしなしなになってしまうので、全てトッピングをのせたら、なるべく早めに食べること。

このお料理にまつわるエピソード

普通の家庭では次の日にスナック感覚で食べられるように、一度に20個や30個のタキ―トスを揚げて冷蔵庫に入れておきます。冷めても食べられる料理なので、ピクニックのお弁当としもて最適。タキ―トとレタス、チーズ、ソースをそれぞれ別々の容器に入れて持って行きます。食卓に出される時はスープとあわせて食べることが良くあります。

Yu Larraz
メキシコ在住ライター。2009年よりメキシコ、カリブ海が美しい町プラヤ・デル・カルメンに住んでいます。メキシコは自然と文化が非常に豊かな国。レアな情報を含めメキシコの魅力を現地からお伝えします。