Ugali/ウガリ

オカズと一緒に、アツアツのまま召し上がれ!
オカズと一緒に、アツアツのまま召し上がれ!

タンザニア料理の定番、トウモロコシから取られた粉で作る主食ウガリ。
お餅のような、蒸しパンのような不思議なおふくろの味です!

トウモロコシの粉と水で作る主食。日本で言うご飯のようなもの。東アフリカで愛されていて、国によって少しずつ味や作り方が違います。アツアツのできたてを、手で形を作りながら食べます。

料理を作った人:タンザニア人夫
小さい頃から家の手伝いをして、どんなタンザニア料理も作れるようになった夫。
日本での実現可能度:★☆☆☆☆

材料(2~3人分
日本では手に入らないウガリ粉。トウモロコシからできています。

日本では手に入らないウガリ粉。トウモロコシからできています。

お店でも定番なので、一度にたくさん作ります。腕力が大切!!

お店でも定番なので、一度にたくさん作ります。腕力が大切!!

ウガリ粉 ………………………………………… 1カップ
水 ………………………………………………… 2~3カップ
memo
タンザニアではウガリ粉はお米や小麦粉に比べ、とても安いです。どこでも手に入れることができます。が、日本で見たことがありません。手に入らないと聞いたことがあるので、日本では難しいかもしれません。もしキャッサバ粉があればそれで代用可ですが、食感が変わってくるかと思います。

作り方(調理時間:30分)

1.ウガリ粉と水を鍋に入れ、よく混ぜる。
2.強火にかけ、沸騰するまで待つ。
3.全体がぐつぐつしたら、ヘラで底を返すようにゆっくり混ぜていく。
4.固まって来たら、一生懸命ヘラで全体を混ぜ、水分を飛ばす。
5.好きな固さで火を止め、ふたをして10分ほど蒸らす。

お好みの固さになるまで、ゆっくり慌てず、ヘラで反していきます。 

作り方のコツ

最初はじっくり、最後は手早く練り上げます。しっとり感がお好きな場合は水を多めに、もっと軽い食感にしたい場合はキャッサバ粉を混ぜるといいですね。

このお料理にまつわるエピソード

ウガリはそれ自体では食べず、汁気の多いオカズと食べます。ウガリだけだと若干パサパサしてしまい、飲み込みにくいのです。オカズは豆のトマト煮だったり、キャベツの炒め物だったりとなんでもイケますが、ウガリと言えば小魚のトマト煮込みというタンザニア人が多いです。手で食べると周りからものすごく喜ばれます!

Miyuki Meta
タンザニアに移り住んで早4年、地元人と結婚して2年。現地に密着した、楽しいオカシイ情報をお伝えします。

オカズと一緒に、アツアツのまま召し上がれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です